製品

製品
過負荷および短絡保護付き18VのPoEインジェクタ

MIT-07G-24BNNN

24V 0.8A出力およびサージ保護を備えた24VギガビットPoEインジェクター、(4/5 +、7 / 8-)

原産国:
  • 台湾
詳細を見る
仕様を見る (265 KB)
主な仕様/特集
  • 関数 :
    • 24VのDC電力にAC電力を変換する
    • CAT-5ケーブル、4ピン、5、7、8を介して24V DCをワイヤレスAP、IP電話、Webカメラなどのリモートデバイスに注入します
  • 入力:
    • 入力電圧:AC 100V〜240V
    • 入力電流:100Vacで0.49A; 240Vacで0.27A
    • 入力周波数:50〜60 Hz
  • 出力: 
    • 出力電圧と電流:24V
    • 最大負荷:1A
    • 電力:24W最大
    • 最小負荷:0.1A
    • 5%:定期的な割合を読み込む
    • 行の正規割合:1%
    • リップル割合:1%
    • ノイズの割合:1%
    • 総電力:24W
    • ノイズ帯域幅はDCから20Mhzです。
    • リップルとノイズは、0.1Ufメタライズドコンデンサをテストポイントに並列接続することで測定されます。
  • 効率 全負荷、入力電圧120Vacおよび230Vacで最小87%
  • 保護
    • 短絡保護
    • 出力短絡GND端子は電源を損傷せず、自動リセットします。
    • ヒューズ保護付きの入力。
    • 高ポット:4242Vdc、60秒、入力端子から出力端子。
    • レベル6に会う(USA-VI)
  • 概要
    • 動作温度:-40〜50℃
    • 保存温度:-40〜85度摂氏
    • 動作湿度:5から90までパーセント
    • 無料の空冷
    • サイズ:86 * 78 * 36 mm(L)*(W)*(H)
    • クリップキットで取り付け可能なDINレール(オプション)
  • RJ-45入力(データのみ)およびRJ-45出力(データおよび電力)
  • インジケーター:
    • LED(緑)はPWRを示します– OK
インストール
ギガビットPoEインジェクターをインストールするには、以下の手順に従ってください。
  1. ギガビットPoEインジェクターのDATAINポートをRJ-45ケーブルでスイッチまたはハブに接続します。
  2. RJ-45ケーブルを使用して、ギガビットPoEインジェクターのDATA OUTポートをPoEスプリッター、PoEデバイス(ルーター、アクセスポイントなど)、またはPoEハブに接続します。
  3. インジェクタの電源コネクタを接続DC電源コンセントに差し込みます。
  4. 製品の固定取り付けについては、図1を参照してください。
  5. 開始する前に、すべての接続が正しいことを確認してください。
  • ギガビットPoEインジェクターは、DATA OUTポートを介してスプリッター、PoEハブ、またはPOEデバイスに接続します。
  • ギガビットPoEインジェクターは、DATAINポートを介してスイッチに接続します。
  • POWER INポートは、DC電源コンセントから電力を受け取っています。
上記の要件がすべて満たされている場合にのみ、動作電圧の接続を開始します。
Loading...
歴史
    3問い合わせ